スタンプ


上の子はまだ家にいて、下の子が家をでた、ということもあってか、そしてもともと生まれたときから

やっぱり下の子をどうしても小さい分、上の子より長い時間赤ちゃん扱いしたからか・・・・


いまでも、気になる存在です、下の子。


ラインでしょっちゅう、

「体を大切にするんやで。」とか、「お疲れさん」とか「おはよう」とか、

送ってしまいます。


毎日ではないのですが・・・。



でも、返事が時々しか返ってこなくって、正直寂しいです。

あんなに小さい時あまえてくれてたのにな~~。

女の子ならはなれても、お母さんとしょっちゅうラインや電話でやりとりするんでしょうね・・・。

まあ、男はそんなもんですけどね。

夫も義母にたいしてそうだしー。

ましてや次男は理系の子で、いまでも、会社内でも外でも資格試験を受けていて

仕事と勉強とお付き合いの飲み会とか、自分の遊びの時間とで、

そごく忙しそうで、

その合間に私の事ふとおもいだしたように、「ピンポーン」とラインの返事が返ってきます。


でも文でなく、スタンプです。


それでも、私は「ありがとう。」って返しています・・・・。



で、私はおもしろいのとか、かわいいのとか、ちょっとでも気を引くようなスタンプを

買ってしまっています。





Pagetop

ごめんなさーい

すごくあいてしまいました。

なのに、おいで下さっていたようでごめんなさい・・・。

愛想のないことで・・・。

また、書いていきます。


実はタイルクラフトを1年半くらいから始め、インストラクターの資格をとるのに、いそがしくして、その後

展示会や作った小物やアクセサリーなどをCafeに出したり

フリマに参加したり、家で教室も少ししていました。


その作品専門のブログをアメブロで作って、

そちらに時間をとっていたり・・・。

ず~っとFC2でしたので、アメブロがなれなくて、今もなれなくてよく間違います。


例えば「前記事で・・」と言いたいとき

  矢印は↓ したむけますが、アメブロでは上になったり。


でも、実はここが一番心をゆったり広げる場所でした。


パートの仕事も含め、新しい事ばかりはじめてしまい、重なって

緊張ばかりの連続の1年でした。


好きなことをやって、そして家族も応援、手伝いをしてくれて、

出会いもあって、いい思いをさせていただきました。


けど、ちょっと疲れたかな…。


自然に囲まれたちいさい、古い落ち着いたしずか~な純日本風のおうちで

ごろーんとねころんで、ぼーっとしたいなあ~~~~~。



Pagetop

兄と弟  そして兄は・・・。

このブログでは、いままで、父の事、去年の春、巣だっていった下の息子の事を

よく書いてきましたが

今回は上の息子の事です。


この子は2歳で、弟ができました。

その時から、自分には いつもすこーし気にかける存在があると感じているようでした。



どこの兄弟もそうだと思うんですが、上の子はなんとなく下の子を気にしています。

わたしも、自分が姉という立場で、弟をかわいがっていました。5つも離れていたので特に。

でも、いえ、だから母はいつも弟に甘かったのです。それが当時はまったく気にならず

私も一緒になってかわいがっていました。

でも、大人になってから 中高生くらいから不満を感じていました。



だから私は 自分の子たちに対して珍しく下の子に少し厳しくしていたと思います。

意識して下をあまやかさないように・・・と、してきました。

大人になるまでは何か手伝ってもらうのも、兄の方が2歳上の分、できてしまうので、

ムリに時間がかかっても下の子に頼んだりしていました。

そのくらいでちょうどバランスとれていいんじゃないかと思ってました。

・・・  それでも、近所の女の子に、

「おばちゃん、○○君(下の子の事)に話すとき 優しい顏やね。」なんていわれて

どきっ!としたことがあります。「そ、そ、そうかな~~?」ってあわてました。

子どもはこわいよなあ~~~・・・。見ぬかれてる・・・。




上の子は3歳くらいからスイミングスクールに通ってましたが

5歳くらいの時、3歳の弟もそこに入ってきました。

泳いでいる間保護者はプールを横から見れるガラス張りの部屋から子供たちをみます。

ある日、終わってからロビーでいつも待っていたのですが、

こっそりロッカールームを見に行くと、

兄は 着替え終わっており、「おいー!○○、(←弟の名前)バスでるぞー。はやくしろよ。」と声をかけ

ズボンを履かせてやっていました。


ふふふ・・・なんかくすぐったいような・・・たのんでもいないのに 弟の面倒を見てくれて

すごくうれしかった感覚がいまでも残っています。 

もう、20年ほどまえの出来事です。

その代り弟は兄を慕い、よく兄のいう事を聞いていました。



下の子がでていったとき、 私より実は上の子がさびしかったかも・・・。

男だからなんにもいわなかったけど、20年以上仲よくしてたので。

ホントに仲いい兄弟で、大学生の頃もそれぞれ別々にそれぞれの友人と遊びに行ってても、

帰りはどこかでまちあわせてラーメンを食べに行ったりして

いっしょに帰って来ていましたし・・。

また、弟は兄の部屋でよくごろりとしていました。しゃべるでもなく・・・。

兄は机に向かっていてそのよこで弟が寝転んで本を読んでいました。

こうやって書いていたら 時々のぞきに行ったとき目にした

そんな光景を思い出しました。



で、最近上の子に彼女ができ、よく会いに行ってます。

いっしょに服も買いに行ったようで、おしゃれしています。


楽しそうにしていて こっちまで楽しくなってしまいます。

こちらからは彼女の事なんにも聞きませんが

見てきた映画の事や、USJにあそびに行ったときの話をふと たまにしてくれます。


この間はたった1時間あうだけのために 仕事が終わってから出かけて行ってました。


そんなときもあったなあ~と自分たちの事と重ねつつ

ほほえましく見ています。






Pagetop

「さん」 付け

前々から ず~~っと、気になっていることがあって

それは、自分の親のことを他人の前で話すとき、

「おかあさんが~」

とか、

「おとうさんが~」  と、言っている人が多いという事です。



特によく、芸能人は「おかあさんが、」と平気で言っています。

50代の人でも言ってました。


はずかしい・・・。


勝利したアスリートも 「この喜びを だれにつたえたいですか?」 と聞かれたら

「おかあさんです!」   と・・・・・。


さっきまでの勇ましい姿が 半減します。



他人に話すとき 身内に  「さん付け」  はおかしいですよね~?


小学校の授業できっちり 「敬語」という単元のときでもやらないと このままだと

蔓延しそうだな~~~・・・。


何年も前、うちの息子が中学校で先生に「母が・・・」とはなしだすと、


「母ってぇーなんやねん。」といって笑われたと言ってました。


  その先生、アホちゃう~~?せっかく教えてるのに

正しい事をわらってだけど、否定するなんて。    とその時こころの中で 嘆きました。

中学生ならまだ  「おかあさんが~」でいいのかなあ?


家庭でも、ある程度おおきくなったら他人に話すときは 「母が」だよと教えないとね。




大人になっても、「おかあさんが・・」っていうのはおかしいと気づいてほしいな~。

(とくに アスリート、芸能人の方々。。。たのみますよぉ~子供がTVをみてますので。)


Pagetop

息子でも、お客さん?

春に家をでて、東京にいった下の子が

かえってきました。

とっても楽しみでしたが、なぜか、まるでお客さんが来るような感じになってます。

やっぱり一度家を出ると、息子と言えど、少し緊張感があります。

私、きのう髪の毛をカラーリングしました。

だって、少し見ないうちにふけたなあーっておもわれたら悲しい・・・。し、心配もかけたくないし・・・。


そして

家の中を掃除をして、あの子の部屋も掃除して、お風呂も主人にあらってもらい、

(風呂場が狭くて普段シャワーばかりみたいなので、

ゆっくりつかってもらいたくて。)

バスタオルをあらっておいてあげ・・・

とにかく、「やっぱり実家はいいな~・・・。」と

思ってほしくて私、こんなこと一生懸命してるんです。


一人暮らしなので、ごはんも外食ばかりみたいだし、まだお給料もすくなくて、苦労しているようなので、

つい、親心で、帰ったときくらい、と、いつもは買わない

ハーゲンダッツのアイスなど、あの子の好物を主人と買い出しに行き、

まえもってリクエストされていたオムレツをさっき多めにつくりました。


そして夕方、ピンポ~ン・・・・・・・・



「帰ってきた!」

上の子も、仕事から帰っていて部屋から出てきて玄関まできました。


開けかけて、「お母さん、あけたげ。」といって下がりました。


「そ、そ~お~?」などと言ってあけました。


「おかえり~~~!!」   久しぶりにわが子の顏を見ました。

家族がそろってやっぱり明るくなりました。

上の子も話がしたくてたまらないらしく、よこから話に割って入ってきます。






・・・・・・・・で、

帰ってきてから30分後の今、家に彼はいません。

兄ちゃんと大阪の繁華街にでかけていきました。


さっきまで、東京にいたんちゃうの?京都で降りて大学が京都でしたので、友人もあつまりやすく、

京都に少しいたようで、

1日で、日本の大都会3都を回っています。

家にいといたらあ?


4人で食卓を囲む予定だった私は今こうやってひとりで

PCのキーをたたいているわけです。


もう、ねむくなるんですけど~・・。まだちらっとしか顏みてないで~~~!!





Pagetop


プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て、さて・・・。

最新記事

にほんブログ村

ランキング

カテゴリ

カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム