プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て思う事などを・・・。

最新記事
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今年最後の福

         

       当たった~~~!



忘れてましたが、2か月ほど前に ある雑誌のクロスワードパズルを解いて

アンケートに答えて ハガキで応募したことがありました。

そしたら  当たったんです~~!



当たったのは  3000円の図書券。。。。。




「いいことがありますように・・・。」  と年の初めに神社に行ってお参りしますが、今頃になって

約1年して年の終わりにご利益ありました。


本が好きなので嬉しいです。


お金だとすっと買えるのに、当たった図書券を使うとなると

「何買おうかな~。どれにしようかな~。」ってすごく迷いそうです。

その迷っている時間も楽しいので、それも込みのプレゼントかな~って思います。



    追記・・・・・1年間パートで嫌なことがあったり
           父の車イスを押しながら身の回りの事をしたり、
           ハンドメイドで教室をしていることなどで 
           私なりに頑張ったこともあるんだけど、
           こうやってささいなことで福だ~って言ってることが
           幸せなことかも。って思います。

           上記で 年の最後に「福」がlきたと
           言いましたが、
         
           特に生活状態が変わったことなく 
            無事過ごせたことだけでも 
       
          1年の始めからずっと 「福」を
                        いただいていたんだと 
                         有難く思っています。



      ここでおつきあいをして下さってじっくり読んでくださった方にも本当に
                              
                        感謝しています。ありがとうございます。




インフルより 怖い伝染



理不尽に いやな思いをされたことって 誰にでもあると思うんですが…。

つまり、言葉で(暴力で) あたられる・・・というもの。

この歳であまりしてもらえませんが、お叱りを受ける、注意されるというのは 話を聞いて納得すれば 怒りは感じないし、もし

おちこんでも、立ち直れるし、 その上励みになって 自分が向上するわけです。



しかし 「なんでそんなこと言われないとあかんのや?」とか、

「どうして そんな言い方するんやろ?」と

相手に対して「なぜ?」と理解できない感情があると あとあと残るし

だからと言って直訴したらこれからの付き合いの事をかんがえたら余計こじれる、

または わかってもらえないだろうな・・と思うと

ぐっとこらえてしまう事多々あります。


でも、その、いわゆる「いじめ」をする人は いじめられています。

だれかに言われたことを言い返せず、言える相手にあたってるのです。

もやもやを まわして(うつして)いるんですね。

この人きついな~と おもう人は 実は弱いです。

相手によってすごく態度を変えます。うつせる人にだけ不機嫌全開です。



で、「この人にはあたれる」とおもわれて、理不尽なことを言われている方の人は

また、だれかにそれをしてしまいます。


職場でも不機嫌な人がいると うつります。というのも、実はうつされ、うつした自覚があるのです。



以前の職場に私と交代で午後から出社する人で 挨拶なしで笑わず、突然現れる人がいました。

みなさんは「おはようございます。」と言いながら出社します。当たり前ですが。

その人はこちらから「おはようございます。」といっても 言いません。(上司には言ってます。)

私は同じレベルになるのがいやで、自分のために いつもそれでも「おはようございます。」とだけいってましたが、

そういう不機嫌さんの人は 下出に出てきてるなと思うようです。

私は平和を求めてるだけなんですが。


でも、その、あいさつなしで、ぶすっとされた時は私、心当たりがないので退社するまでいらいらし、

ある日、迎えに来てくれた夫に、無愛想になったことがあります。

迎えに来てくれてるのに 不機嫌で待ち合わせ場所に行ったんです。  サイテーでした。


怖い伝染!!


アカンアカン!!  こんな時は・・・・・・・「誰も 私の事を 不機嫌にできる人はいないんだ!

                 できるものならやってみろ!」  とおもうことにしています。

   その人の前で平常心にもどし、へらへらしているようにみられると拍車がかかるので、 そういう不機嫌な人から視線を離した   瞬間からすぐゴキゲンに戻して過ごすのです・・・・・


        「不機嫌にやれるものならやってみ!」と・・・。 



   


ヤクルト


     さきほどCMを見ていてふと思い出しました。


私が小さいころ、そう、幼稚園の頃、大阪の賑やかな町にすんでいましたが、

ヤクルトおばさんが毎日の配達契約を取るため、しょっちゅうきていました。


うちはとっていませんでした。


ピンポーン。

玄関に向かう母を追っかけ私も、玄関へ・・・。

またもやヤクルトおばさんでした。(今のようにモニターなんてなかったので。)

母が訪問セールスを断るために

「もうとってます。」と言いました。


すかさず私が大人二人のあいだに割り込んで


「とってないよ~。」


と真顔で、そして必死でうったえたのでした。(だ、そうです。)


その時の事は全く覚えていません。


ただ、のちのちまで、しつこいほど ヤクルトをみるたび母は


その話を笑いながらしたのでした。





雰囲気をかえる→気分が上向く

たったの100円で・・・・・

こんなに雰囲気を変えることができました。


at0915.jpg

↑ これ、約10年つかっている戸棚です。
    この「取っ手」も何も気にせず10年ついたまま。

下の写真は  先日100均で、ふと見つけた「取っ手」。
買ってきて付け替えてみました。裏のねじをしめるだけなんで簡単!
at0916.jpg

がらりとその周りの雰囲気も変わりました。

この取っ手、かわいいうえに、大き目で、花びらのデザインがぼこぼこして波打っているので つまみやすく
すごく開け閉めが楽になりました。

いままで10年も 確かにつまみが小さく指先に割と力が必要で あけにくかった・・・。

早くしたらよかった~~。


スライム化

ちょっと 疲れたな・・・。

すごく頑張ってるつもりはなかったけど つねに父の事が心のどこかにのっかていました。

父の家に通って車イスを押し、

買い物や病院につれていき・・・。

私が一人で買い物に行った方がずっとはやいけど、

家から何日も出ないと外の景色を見ることがないので

刺激を求め気晴らしに連れて出ます。


やはり父は 弟や弟の嫁より、私が頼りなようで、 

頼みごとはもちろん、ヘルパーさんの愚痴、病院に対しての愚痴、

を私に話します。頼まれたことは全部受け止めて連れて行ってあげたり、買ってきてあげたり、

嫌がっていることはできる改善はしてきました。

「ありがとう。」と言って感謝はしてくれます。



「もう、牛乳がないので今度来るとき買ってきて。」などとメールで来ると

「今度来るとき」ってかいてあっても、読んでしまうとその日、困っているんだとずっと気になり

次の日なるべく行くようにしています。

父は何気なく言ってることなんでしょうが。

なぜ そうするかというと。



だんだん弱ってきているので、もし、じゃあ、今度の休みの日にいこう、などと思って数日後に予定し、

その間に万が一何かあると私が

あと一生後悔するかも、「あの時いけばよかった・・・。」

という事になったら・・・という一種の「怖さ」を避けようとして 私、

ムリしてるように思います。

突然倒れ病院に運ばれた、という事がいままで2回あったので・・・。

いつ、急に病院に運ばれるか。実は電話が鳴るといつもドキッです。

牛乳を飲みたかったのに、もっていってあげられなくってごめんね・・・。(涙)となります。



父の事で、しなければいけない事、父の希望、を知った時点で、私はすぐ動いて

後悔しないようにしてきました。父のため、と 私のために、でもあるわけです。

けど、 そういったはりつめた緊張感を無意識に感じながらもう4年。


つまり、父がさいしょに倒れてから・・・。父は結構努力家で、たおれたあとも、大腿骨を骨折しても、

また歩けるようになったり、してました。でもここにきて

だんだん自分でできることが少なくなってきました。


私はほんとは自分の事でいっぱいだけど、

今まで世話になったこと、私の子供らをかわいがって サポートしてもらったこと、

たまーに心に響くあたたかい事をしてもらったことなど思い出すと…ムリしてしまう。



本当はもし自分が親として、の立場なら絶対 子どもに無理してほしくない。  と、そう思えば

私が無理したら父もいやだろうし、私もそう割り切ればもっと楽に世話をできるんだろうけど。


性分というか、きょうだいの上という立場だからか、  そして一番大きいのは

母が亡くなっったことで父との関係が近くなってしまったこと。その期間が30年近く、と長いこと。

などで、 いまのうちできる事を精いっぱいしておこうと思ってやってきました。


わたしの仕事もその間に変わったので ここ2,3年緊張が続いたのかも~~。



ついに。。。なんかだるい とおもいながら過ごしていたら

2日まえから のどが痛くって咳がとまらなくって、熱っぽい!

ちょっと、つ・か・  れ・た・・・。


1週間ほど 「無」になって ただの肉の塊になって だらけよっと!

スライムのように・・・。



だら~~~~~っ・・・。



もっと深刻な介護をなさっている方はいっぱいいらっしゃると思います。
そんな方から見たら 情けない事を言ってるんだろな~  と思いつつ
の記事です。


     「また夕ご飯でも食べに行こう、まってます。」というよくくるメール。

       その「まってます。」 がものすごいプレッシャー。