FC2ブログ
プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て思う事などを・・・。

最新記事
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

泣けてくるほど懐かしい曲



何年も、いえ、何十年もまえから、私は電車に乗る時は必ず 

iPodで音楽を聴いています。(昔はMDで。)

その上、本も読むときもあります。

その場合、音楽はBGMです。

でも、時々 かかった曲に反応し、はっとして、 本を閉じ、

音楽を真剣に聞き入ってしまいます。



今日の仕事帰りの電車の中が、そうでした。

100曲以上入っているので、シャッフルしていると何がかかるかわかりません。

ウルフルズ、宇多田ひかる、八神純子、ロッカトレンチ、東京スカパラ、

コブクロ、エレファントカシマシ、TOTO,ボズ、マドンナなどなど、色々入れました。

1年ほど前にipodを買いかえて曲をいれたのですが、

この1年1回もかからなかった曲が今日かかりました。


そうしてら、なぜか、 涙が出てきました。

読んでいた本を閉じました。

電車が空いていてガラガラでよかった・・・。


思い出があるわけじゃないんです。

彼氏と別れたときの曲、とかじゃあないんです。

ただただ  なつかしい、というか、この曲が入っているアルバムを聴きまくっていた

あの頃の自分が・・・

愛おしくおもいました。

たしかまだ20代でした。



単純に「あのころはよかったよな~。」というかんじで、涙がでてきた。

あの頃は母もいた。

自分のことだけ考えていた。

その時その時を一生懸命突っ走っていた。

毎日勉強しなくてはならなくっても、楽しかった。

声を出して大笑いをよくした。

だから、右手と左手が合わせることが滅多となかった。

つまり、神頼みなんていらなかった。

とっても健全だった。



時は流れ今、結婚もして、子供たちもいて、みんな病気も、けがもせず成人して・・・

それだけで今も十分幸せです。わかってます。

今が不幸せだとは思わないけど、

とにかく、そう、この曲を聴いていた頃、流行っていた頃、

「若い」という 特権を持っていた。



それが、うらやましい。

あの頃の私め~~~。元気で楽しみすぎるやろ!

親の元で 精神的にも不安とは無縁でした。


      もう一度・竹内まりや
         
         ↑ クリックして聴いてみてくださいね。


あのころより、今の夫婦という形態で生きている

自分を見つめなおす歌詞でもあります。

20代の頃より、今の方がこの曲の歌詞はじーんときました。


ホント よくきいたよな~~~・・・『竹内まりや』 


「本気でオンリーユー」とか、「駅」とか、「リンダ」とか、「セプテンバ」ーとかー。


同世代の人はみんなよく 聴いたんじゃないかな~。

あのころは竹内まりやと達郎の全盛期やったもんなあ・・・・。


まりやさんの曲で、なにか思い出、ある? 



コメント

No title

こんばんは。
この頃の竹内まりあさんはそれほど聴かなかったんですが、
もっともっと初期の、
「不思議なピーチパイ」に思い出があります。
高校の演劇部の公演で、舞台上でこの歌を歌うシーンがあって・・・・。
鼻歌程度だったけど、忘れられません。
歌はヘタなのに、一人で歌うので、すごく緊張したんですよ。

昔好きだった曲って、ふと聴いちゃうと、こみ上げてくるときがあるよね!
私だと聖子ちゃんかなぁ・・・・。



サ・エ・ラさんへ

そうそう、不思議なピーチパイ、でしたね。まずその曲がヒットしましたよね。
かわいい曲です。
舞台で一人で歌ったなんて!!すごい。そんな経験はないです。緊張すごかったでしょうね。ピアノの発表会はありますが、歌は私はムリ~・・・。
でも、こうやって今でもはっきり覚えているくらいの素敵な思い出と素敵な経験になったんですね。
私、母が病気になって入院する前、応接間で、聖子ちゃんの赤いスイトピーを弾いてあげました。
母は泣いていました。きっと入院するのが不安でたまらなかったと思います。
曲と思い出って、みんなそれぞれいろんな形でありますね。

No title

あれから30年ほど経ってしまったなんて、思えないほど、
自分の中では時が経つのが早いですよね。
二十代のころも悩みもたくさんあったんだけど、やはり「老い」とか、「死」というのからはほど遠いところにあったので、なんだか今より生きているエネルギーが強かったんでしょうかね。
私も、ふいにどこかでかかった曲に、涙が出そうな時ってありますよ。

Lazy Emmaさんへ

ほんとに、30年ってすごい年月のはずなのに、体験したらとても早く過ぎた、とわかりました。
その反面、その間いろいろあったなあ~とつくづく思ったりも。
人によってでしょうが、私は音楽が好きで、学生時代バンドもくんでたんです。なので、よけい人生の横をずーっとなんらかの曲が流れています。

若い時はお店でかかっている曲を気にしたりしなかったけど、今よく、「あ、これ!」って聞き入ってしまったり、なつかしいなーと思ったり、外でもふとたちどまってしみじみ聞くことがあります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する