FC2ブログ
プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て思う事などを・・・。

最新記事
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

「ありがとう。」は元気の源。

先日父をまた散歩に連れて出てあげました。

ずっと施設の中で車椅子の生活なので、

出かける事が好きだった父にとっては 動けなくなったことはとても

もどかしいだろうから・・・


なるべく晴れの日に行き、外出許可をもらい、1,2時間近くの駅まで行って何かを食べたり

コンビニや百均でウロウロします。


先日は 出たついでに散髪やさんがあったので

ちょうどお客さんもひとりしかいなくて

またなくてよかったので   はいりました。


カットしてくれたお兄さんは 優しく父に色々話しかけてくれました。

父も身体はこんなになりましたが、頭はしっかりしていて 

「昔のバリカンはいたかったんや・・・。」などと色々話しておりました。

お兄さん、ありがとう・・・向き合ってくださって。


とってもいい気分転換になったと思います。


で、施設に戻り、看護士さんに戻ったと伝えたら

車イスからベッドにうまく移動させ、寝かせてもらってました。


その時とてもさわやかな声で  「ありがと、ありがとう。」と言ってました。


でも、この時代の男はどうして こうなんでしょう・・・。日本の古い教育は本当に間違っている。

家長(父親)は家族には 何も言わない方がかっこいい・・・

そんな時代が長すぎました。戦争がそうさせたんでしょうか。


父は散髪が終ってからも そのあとレストランに入ってごちそうしても

何も言ってくれませんでした。

「さっぱりしたよ・。・・。」「ありがとうな、ずっと行きかった。」「おいしかった。」と言ってくれたら

私はどんなに元気が出たでしょうか。


悪気はもちろんないのです。

その時は言わなくても、帰るときはベッドから必ず「ありがとう。」と言ってくれます。

それで十分、と言えば十分なんですが・・・。

ただ、もっと若いころから、元気な時から、こうだったんですよね。

素直に「ありがとう。」と言わないんですよね。

男は感情をだすのを恥としていた旧日本。(と言っても最近まで。)

感情はいいとしても御礼を言うという事は別物。だし、家族にこそ、言うべきでしょう?


子供の頃の教育がそうさせているのはわかります。

もちろん父親の性格もあるでしょうが。

感謝はしてくれてるんです。


でも、口にだして言葉にしてくれるのとは大違い。  

表現してくれたら連れて行ってあげてよかった~~と心から思うものです。


しんどいです。ほんとは。父の施設は隣の県で遠いです。車イスは重いです。

交通費など経費も、時間も割きます。


もちろん今までしてもらったことを考えたら 今度は父が困っているので、

助けるのは当たり前だけど、


あの時代の人、ニッコリ笑ってお礼を言わないです。

他人には言ってます。これ、今始まったことではないです。


・・・・・・・疲れが倍増です。

でも また父の所へ行く私がいるんです。


なぜかな?  それはやっぱり口に出して言わなくても


よろこんでる、と感じてしまう、から。


行かないと寂しがってると感じてしまうから。


そして長女の私はどこか使命も感じてしまうから。


他人を喜ばせたら自分がうれしくなる、って人間の本能・・・だから?


  
コメント

No title

おはようございます(o^―^o)ニコ

心のこもった「ありがとう」は。
ほんと、元気の源になるし、
もっともっとやってあげたいっていう
前向きの気持ちにもなれますね(^_-)-☆

言葉一つあるかないかで、
こちらのものの思い方も疲れ方も変わっていく
そんな気がします。

遠いところから時間とお金をかけて
お父様を訪ねていかれるチャコさん、
えらいなって素直に思えます。

遠いからの一言で、
何もかも兄弟姉妹に押し付けることも出来るのに、
(うちの姉も、夫の妹がそう(笑))
ちゃんと娘としてお父様に向き合っておられるお姿には
頭がさがります。

こちらの義母は、何でもかんでも
ありがとう、すんませんって
事あるごとに私に言います。
結構それが逆にうっとおしいって
感じることもあります(笑)

外に向かって言われていることが
私に感謝して貰ってないって解ってるだけに
心のない言葉は逆に言わないでって
思ってしまいます(笑)

言葉って難しいですね。

いう方と聞く方の気持ちの温度が合致して、
はじめて生きるのが本物の言葉なんだろうな。

チャコさんのお父様は、
本当にチャコさんに感謝されていると思います。
お父様、あと少し頑張って、昔の男というものから脱皮して、
美味しかったよとか、暑いのにありがとうとか
たまにでもいいから言ってあげて欲しい
そんな気がしました(^▽^)/

それと、ほんとにここだけの話、
うちの両親も、早く施設に入って欲しい・・

こちらの義母は同居しているから
最後まで見ないといけないけど、
実家は二人暮らしももう限界・・
今の間に、快適な施設に入って慣れて欲しい
っていうのが本音です( ;∀;)

小手鞠さんへ

支えになる励みのお言葉、本当にありがとうございます。
この歳になると何をしても誰も誉めてはくれません。してあたりまえ。でも本当はやりたくないことを頑張ってやってることも多いです。だからと言って、やりたくないからってやめるとまたそれも苦で・・・。
そんなとき、こうやってわかってもらえて誉めてもらうと
救われます。

でも、その、いつもいつも「ありがとう。」「すみません。」をいわれたらそれはそれで気に障るものなんですね・・・よくわかります。気付きませんでしたが たしかに!と思いました。要は相手によるかもしれませんね~。
とっても好きな人(?)つまり人格を認めている相手なら、お礼を言われなくても、逆に言われすぎても、どっちでも受け入れてニコニコわらって「いいえ~。」とか、「いいんだよ~。」って言うかも~と思いました。^^フフフ・・・。

言う方と聞く方、の合致。 まさにその通りですね。

そして、ご両親に思う事も、よくわかります。その方が結局みんなのためですね。 私は、そういうお話を聞きますと、自分におきかえて子供たちにこうおもわれるだろうから早めに入って・・などと考えます。がその時になったら今の高齢者たちの気持ちがよくわかるんでしょうね・・・。
ああ、こんなに怖い気持ちになるんだ・・・。だから父は母はあんな風にしてたんだ、言ってたんだ、などと色々何年か後にわかるのかもしれません。

暑いですね。元気ですごしましょうね~。

No title

初めまして初めて訪問させてもらいました。
81歳の自分の母と暮らしています。
毎夕食は私が作り主人がカウンターに近いので作った品を母にと手渡すと母は必ず「すみません又はどうも」と言います。 
そんな母はトイレ掃除した後にも「もう入っていい?」
風呂掃除していて「まだやっているの?」
食事作った私に何もありませんです。
少し前に私は使用人以下だねお給料なんていらないけどご苦労様とかありがとうの言葉もらえないのかと言いました。
母が食後に入浴する前に「今日も美味しい食事ありがとう」他人言葉を言うようになりました。

言わないだけで感謝していると言ってましたけど
簡単な言葉が欲しいのはとても良くわかります、わたしもおなじです。

unaonaoさんへ

はじめまして。
あの時代の人はかわいそう、ともいえるかもしれませんが、時代背景もあってか、難しいです。
男と女ではちがうし、そうやって同じ母でも義母とは違うでしょうね。私の場合はいっても、実父なので、そうはいってもやっぱり感謝やかわいそう、といった感情がかちますが・・・。あの時代の人は嫁姑はうまくやらないもの、とおしえられていて、無理にそうもっていってるのかな~とさえ思います。同じ一生、どう、のこりの人生を過ごすか、ですよね。


これからは先に他人行儀な言葉で接してみたらどうでしょうか?これはけっして仕返しではなく、自分の心を整理するためです。ふんぎりをつけるために。もう、これでいいわ・・・と。寂しい事ですが、あちらがそう望んでいるともとれますね。
(何もしらないのに、すみません。1つのストレス解消法として・・。ふとおもいました。)
 
私は昔の人の、その、「言わないだけで感謝はしてる。」とか、「言わないけど親子ならわかる。」とか、よくききますが、(現に言われましたが、)

そうかあ~~???っていつもおもいます。
親子でも言葉にしないとわからん・・・。ってね。
言葉にしすぎると値打ちが、有難みがなくなるからかなあ~・・。

コメントありがとうおございました。^^


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する