FC2ブログ
プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て思う事などを・・・。

最新記事
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

無言で語る親の教え


私は母を25の時に亡くしました。

だから、人間が、女が 歳を重ねていくと どうなっていくのか

よく知らないまま、自分が年を重ねてきました。



近くが見えにくくなってくるんですね…。

膝がいたくなってくるんですね・・・。

朝方、目がさめるんですね・・・。

疲れやすくなるんですね。

漠然とした不安が襲ってくるんですね。・・・・・。


どれもそうなっている人を見たことないので、自分で体験してはじめて知り、

びっくりしたり、

不安になったり。


でも、

たくさんの事を教え続けてくれていた母は

病気で死んでいくときは人間ってこうなる、と、最後に教えてくれました。



そうして30年ほどたち今、父が80を超え、日々

衰えていってます。

これを会うたび見るのは辛いです。

特に人一倍元気で強く力持ちだった父なので

ついこの前までどこでも一人ででかけていたのに、

今は車イスでないとダメなのが信じられません。


でも、このことを認め、受け入れないといけないんですよね。

これ、体を張って、親が子供に


人って歳を重ねていくとこうなるんだよ、とおしえてくれているんだ・・・。


と ふとおもいました。



前回 母の死を体験した時は母はまだ50代になったばかりで、

年老いていくことを私に見せず、教えず、白髪もそうなく、

肌もまだまだきれいなまま逝ってしまいました。


今度は父は、 

私も人として知っておかなければいけない事、考えないといけない事など、

今 語らずに 教えてくれているように思います。



だから親の老いていく、弱っていくことを拒否したらだめなんですね。


そして自分も子供に躾けや生きていく術だけでなく、こういう老い、死も、また伝えていくわけですね。



   親は子供が生まれた瞬間からいろんな「初めて」の事を 教えてくれます。

   死ぬまで、その体で教えてくれるんです。

   そしてわたしも、子へ・・・とそう思います。


長生きの意味は自身の幸せのためでなく、

次の世代に見せて伝えるためかもしれません。







コメント

No title

こんにちは(*^~^*)
はじめまして?
どちらか解りませんが、
コメントさせてくださいd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

とても心に染み入りました!

私には老親が4人いました。
6月に一人見送りましたが、
後三人残っています。

昔は元気でかくしゃくとしていた両親、
見るたびに身体が動かなくなり、
それと共に心が崩れていくのをみるのは、
子供として時に耐えられないものがあるけど、
親が体を張って、こういうものだと
教えてくれているんだと思えば、
自分の気持ちも落ち着かせることが出来るのかな
と思いました(*^~^*)

そして、自分が親を介護している姿を
自分の子供たちに見せていくことで、
子供たちへの無言の教え、引継ぎに繋がるのかな
とも思います(*^~^*)

6月に義父を見送ったのですが、
段々弱って行く、最後を迎える、
その後の行事を行う、
全てを通して、私たちも子供たちも、
ほんとに初めての時間を共に過ごせたこと、
ある意味で、幸せな事だったんだなと、
改めて感じることが出来ました(*^~^*)

小手鞠さんへ

コメント、どうもありがとうございます。

そして感情を共感、共有できてうれしく思います。
親はいつまでも、「親」でいてほしいのに、いつかの時期に逆転してこっちが諭すことも多くなり・・・でも、私たちの時代の子は「親」「先生」ゼッタイのものなので、
とても影響を受けます。そして反発しながらも、敬ったり、異常に感謝をしたり・・。

だから弱っていくところは見たくない、でも見ないわけにはいかなくって・・・。
人間だから・・・よわっていくのは避けられないですね。

それも見守るのは、おっしゃるように本当に、ある意味、幸せな過程なのかもしれません。
わたしも、コメントを読ませていただき、改めて自分に言い聞かせました。
ありがとうございます。

一人暮らしの父をこうやっている今も、どうしてるかなあ、と気になります。

ありがとうございます。

こんばんは。
素敵な記事をありがとうございます。
私も早くに母を亡くし、今はもう母の年齢を越えてしまいました。

もうすぐ80になる父とは現在同居しており、日々衰えてきたことを少しずつ感じながらも今のところ父は元気なので、つい憎まれ口をたたいたりしてしまいます。
でも・・・人として大切なことを教えてくれているなぁと思いますし、何より一緒に暮らせていることに感謝ですね!
チャコさんの文を読み、父との日々を大切にしたいと思いました。
ありがとうございました。
m(_ _)m

hinakaさんへ

お返事おそくなってごめんなさい。すぐよんでいて気になってましたが落ち着いてお返事書きたかったので…。

こんばんは。
そんな風にいってくださって、こちらこそ、有難い事です。

同居されているんですね。毎日の事だからなおさら
色々ありますよね。それが当たり前ですね。お互い生身の人間なんですから・・・。
いままで、おせわになってきたけど、これからは父の方が小さく、子供になっていきます。今もすでにそうだと思います。男だからあまり娘に弱いところを見せたくないみたいで余計素直でなかったりしてやりにくいんではないかしら?いらいらしながらも、(←わたしは、ですが)やっぱり父親。親は自分の命に代えても、子供を守ろうとする生き物ですよね。
そこまで愛されているとわかりつつ、ここ数年の間、私は嫌な態度も出し親に寂しい思いもさせてきました。
でも、いくら親でもその人の運命まで変えられません。
どんどん弱って行くのを止められません。
今日も電話をしましたが声がか弱かったです。
胸がキュンとなりました。

hinakaさんは一緒に住まれているので毎日、気が張っていたらもたないですが、
一日1つでも、なにか親切にしてあげるだけで、OKとしたらいいんじゃないでしょうか?例えば笑いかけるだけでも・・・
1つだけでいいんじゃないでしょうか?(これは親にしているようで実は自分が納得するためでもあるのですが)
1つ以上できたら、優秀。たくさんできたら私天才!って思ったらいいと思います。
毎日身体に気を付けて大事にすごしてくださいね。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する