プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て思う事などを・・・。

最新記事
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

続・大泣き

ぱっと顔をあげ、私をみた そのお母さんのお顔は・・・





なんと、足元でねころんでギャーギャーないている、


その男の子に  そおおおぉ~~っくり  だったのです。



おもいっきり困ってはるのに、 ホント、不謹慎ですが、


一瞬笑いそうになりました。


「いっしょの顔や~」


ダメダメ。と自分のほっぺをつねるようなおもいで、



「だいじょうぶですか?」と、もう一度、「お荷物をもちますよ。」といいましたが、



ますます 見れば見るほどそっくりで、私は 上にあるお母さんの顔と、


下の方にある男の子の顔とそれぞれ 二度見 して、計、4回見比べました。


つまり、わたしの首は上下に2往復。



私の言葉に


「いえ、いいです。


保育園に戻るといってきかないんですぅ~~。」と答えられました。




それだけ言ってまた、泣いている子供さんに



「もお~~。」と、話しかけていました。



これ以上しつこくも、いえませんので 「そうですか。」と言って子供さんの頭をなでて



その場を後ろ髪ひかれながら離れ、



私は駅に向かい、電車にのりました。



せっかく戻って助けようとしたけどなあ~。と残念でしたが、



でも、一度声をかけることができたので、気がすみました。





その電車の中で思いました。




「保育園に行くのいや~。」と言って朝から困らすのはよくきくけど、


それより、保育園から帰りたくないって泣いているのは


お母さんにしたら大変だけど、 ありがたいことやわ。


大物になるんちゃうかな。・・・と。





それにあの場所に私が見ている間だけでも


最低30分は いたとおもうけど 


その時間があるのなら、本人の希望通り、行きたい場所へ行ってあげて


気のすむようにしてあげてもいいのに・・・とも、思いました。


赤ちゃんも、いたし大変なのは充分わかるけど、


大人でも、気になることがあれば 見て帰らないと気がすまないと思うから。




子供はうまく気持ちを伝えられないから


よく、こういうことになるけど、 絶対、何か理由があるはず。



だって、あれだけ大泣きしてるんだもん。


きっと よっぽど 見ておきたいもの、か、探したいものか、何かあったんだと思う。



ほんとに面倒だし、泣きたくなるけど、つきあってあげたら、



その子はお母さんのその優しさを、今は理解できなくても肌身で感じ、



おとなになってから、まわりまわって今度は



お母さんが年老いて 何か面倒なことを言っても、つきあってくれる息子になるかも。


(言うのは簡単かな・・・。)





あの夜、あの子はぐったり寝たでしょう。


そして おかあさんも。  がんばってね、若いお母さん。







コメント

No title

待ちに待った 続編だ~v-438

まちこの想像は・・・大はずれ~
「そお来たか!」 ウケるv-407


そうね、 病院なんかで ぐずっている子いるけど
長い時間ぐずらせておくのは 良くないね~
「急がば回れ」だよね
保育園に戻って解決してやるのも親の務め。
勿論 何でもかんでも やって上げるわけじゃないよ
そこの問題を親が的確に判断しないとダメだよね~

自慢じゃないけど
うちの子 ぐずらなかったョ
(充分 自慢してるか!?)
子供って親の様子をちゃんと見てるんだよね
「まだ ぐずっても大丈夫だな」とか・・・


まぁー 子育て論は人それぞれだから・・・
何とも言えませんが i-229


何はともあれ 楽しいブログでしたよ~(*^^)v

No title

そういう続編だったのね。親子ソックリな顔の方いますね。
私も何度も見てしまうことありますよ。特にスーパーノレジ町の時・・並んでいる間に観察です。

小さいお子さんがお店でこういう光景見かけますね。
助けてあげたい気持ちと行動素晴らしいですね。
その行動と気持ちが感動です。

この子きっと保育園が楽しく何か戻ってやりたいことがあったのでしょうね。
たまに子供の訴えを聞いてあげれる心の余裕欲しいですね。
聞いてあげることも、躾けだと思います。
お母さんと子供の愛情のキャッチボール。
けして甘やかしではない場合もあると思いますが、判断が難しい場面もありますが・・・

親子の関係っていつか親が老いて着た時に手を差し伸べてくれる関係を築きあげるのが、最大の課題かも知れませんね。

素敵な内容ですね。楽しませてもらいました。

まちこさんへ

「まちにまった」なんて・・・もったいない~。
感謝です!

まちこさんの想像はちがったんですね。
こういうことだったんですよー。そっくりでね・・・。ふふ。
親の子に対する考え方も、人それぞれですが、
すぎてからわかることの方が多いように思います。
今だから、「戻ってあげてもいいんじゃないか」と余裕の見方ができます。
わたしも、この子ほど泣かれたことはないですが、こどもの気持ち、分かってあげていたかというと、
自信ないです。
でも、どんなことがあっても子供ってお母さんお母さんと、よってきてくれますよね。ありがたや~。

あったことを綴ってみただけの記事でしたが、
楽しんでくださってほんとにありがとうございました~。

パンダ園長さんへ

いやあ~、そんなにいってくださって、恐縮です。照れちゃいます・・・。あまりにも、おお泣きでしたし、お母さんが立ち往生してらっしゃったから、気になって気になって一度は通り過ぎたのですが、Uターンしました。
ほんと、判断が難しいですが子供が泣くってことはやっぱり見ていて悲しい気持ちになります。やっぱり笑顔がいいね。特にこどもは。

楽しんでくださってほんとにありがとうございました。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する