言いたくても絶対言えない事。

次男が家をでて、東京に行ってしまってから、

はや6か月が過ぎました。(まだ、6か月ともいえるけどね。)


でも、実は ちっとも 慣れていません。


割となかよくやっていましたし、パソコン関係の事や雑学的なことなど色々おしえてもらっていたので、

とても寂しいです。自分の不得意分野の新しい知識があまり入ってこなくなりました。


   部屋はあるのにいつも、

だれもいなくて。20年以上一緒にいた子がいなくなって・・・。


大切な指輪など、物をなくしても辛いのに、わが子がずっと帰ってこないのって・・・。

(2回ちらりと帰ってきましたが・・・。部屋にこもって置いたままだった大量のデータの

バックアップをしに帰ったり、友人とあうのにいそがしく、そして友人宅に泊まるので、

ゆっくりしゃべらずです。


  

就職が決まった去年の夏から、「今度の春が来たらこの子はいなくなるんだな・・・」

とわかって半年間過ごしていたけど、


やっぱり本当にいってしまったら  心がキュンとなります。


就職も一応立派にできて、それだけでもありがたいし

就職したという事は社会に役立つことなので、

親としてはそれが目的で育ててきたんだから

すごくめでたい事だと分かっていても・・・本音は寂しいな。




でも、息子は、といえばどこの家庭でもそのようですが、淡々と、自分の事でいっぱいいっぱい。

とっても忙しそうです。

仕事も研修ばかり続いていたようで学生の時のように

時間割のようなものがあり、細かいスケジュールに沿って勉強しているようです。

資格試験も2種類受けないといけないようです。

社会人になっても勉強ばかり。(親のくせに 不服・・!?)


私もそうだったけど、動く方(家を出ていく方)は

ウキウキドキドキそわそわして

これからの事で頭がいっぱい。  まず、住むところにも慣れないと。


残された方(母親)は・・・「しゅん。」となり心配ばかりしてしまうのですね。

で、息子も秋になり慣れてきたころでしょうが、せっかく東京にいったのに、

スカイツリーも見に行ってないとか。



私といえば、あの子の小さいころのいろんな事を思い出したり、

(それこそ、どんぐりをにぎってぱっと開いたちいさな手のひらや つぶらな瞳をも。)

少し大きくなってからでも いっしょに行った所や 家の近所で たまに

買い物にスーパーまで歩いて迎えにきてくれて荷物をもってくれ帰りいっしょに帰ったり

夜中いっしょにコンビニや自販機まで

散歩していましたが、そこを今ひとりで歩いていると

しっしょに歩いた事をおもいだし、

段差がある所では指さして「あぶないで。」といってくれたり、(以前に記事でかきましたっけ。)

車が来たら肩をひょいと安全な方へひきよせてくれたり、

なんかそんな事を思い出しながら キュンとなって

歩いています。



帰ってきてほしいな~。

大阪に勤務してくれたらな~。 家は別がいいけど こっちにいててほしいな。


知らない所にいっちゃった・・・。



でも、男はそうでないとね・・・。

せっかく大学で学んできたことを生かそうとして、

次の日本を作っていく世代の子たちなんだから

大人が応援しなくちゃ。

本人の自然な人生の流れを私が無理にかえることなんて できない。・・・。こわいわ、そんなこと。



でも、でも~っ!!

もう少したくさん会いたいなー。

ごはん作ってあげたいな~。

ろくろく食べてないみたいで。


「もう、やっぱり帰っておいでよ。」


 そう言いたい。  だけどそれだけは絶対言えない。



ほんの2回ほどの電話では平気なふりしてしゃべったり、

ラインでも、こっちであった出来事を一方的に報告しているだけだけど、

のどまで出かかってる。

「なあ~、帰っておいでよ~。大阪勤務にしてもらい~。」・・・って。




そんな無茶な、バカなでも、とっても 自分らしい葛藤を抱えて過ごしている今日この頃です。



ラインだけで ガマン、ガマン・・・。

といってもそのラインも 既読がつくだけとか、「OK」とかのスタンプがかえってくるだけ~~~・・・。かわいいのやけど。




とにかく元気で、いつもごきげんでいてね。

「ごきげんさん」でいる人が一番幸せやもんね!



主人もちゃんとそばにいてくれて

私を大事にしてくれているんですが。ね。 

主人の方ばかり向かないとね。


Pagetop

今 夢中にになっていること

  
     は、・・・・タイルクラフト です。

 習い始めて 約1年たちました。

       at0766.jpg

きっかけは、ブログで「タイルクラフト」と出会ったからです。

こはだ さんのブログです。

      ※わたしのこのブログの右がわのリンクにあります、
          『新潟暮らし 手作り時々 山と温泉』です。

「関西から新潟に引っ越しました」というプロフィールに「へえ!」とこちらが関西なもので

おもわず、訪問させていただきました。

そこにタイルの作品があり、「うわ!私もつくりた~い!」となりました。



その次の日には先生をみつけ、電話で入会の手続きをしました。

そして今日に至っています。

そのとき、教室は、「ちょうど来月から開講します。」と言われ、もし、1か月でも前に

さがしていたら、「ないわ~。」で終わっていたかもしれません。

運命を感じます。


デザインや色の組み合わせを考えたりするのが とっても楽しいです。

やっている間は心が「無」になっています。

はっときがついたら外はもう真っ暗で、手元のスタンドは点けていても、

部屋の電気を付けるのをわすれてたり・・・・。


ところで、うちの息子、(上の子)はUSJの年間パスを買いました。

だから友達らと毎月行ってます。

うらやましい~~~!!!


今はハロウィンをやっていますね~。

Pagetop

発見!便利グッズ



at0761.jpg

うちのシンクには カエルさんが住んでます。

かわいいでしょう?

at0762.jpg

実はこれ、スポンジ置き場。

スポンジが ひっつくようになっています。

かえるさんの表面はざらざらです。それでスポンジの表面がひっかかるようになっています。

at0763.jpg


でも、 ↑ 広い面を付けず、側面を引っ付けた方が衛生的な気がして

こうやってつけています。


ささいなことですが、キッチンは さりげなくかわいいのを取り入れると

楽しく家事ができます。


大きくドーンと「かわいい」をとりいれると私の年齢に合わない かわいすぎる 

甘口キッチンになってしまう気がします~・・・。 


 よくある、ステンレスなどのかご型で、吸盤でシンクに付けるスポンジ置きは

洗剤が吸盤に流れ込むと 吸盤がずれてきてカゴがななめになったりして

しっかり付いていてくれなくなります。

こういう時、しっかり吸盤を洗って、シンク側も水分を拭き取らないと

何度付け直しても す~っとカゴが下へ落ちていきます。・・・(イラッ!)


で、 このかえるさん・・・なわけです。 

Pagetop


プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て、さて・・・。

最新記事

にほんブログ村

ランキング

カテゴリ

カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム