しずかに 近づいてくる・・

     
        ちっちゃい ちっちゃい 『ちいさい秋』 み~つけた~


at0729.jpg

Pagetop

45年ぶりだとこんなかんじ・・・

 
            ≪前記事のつづき  です。≫


幹事さんに送ったその

「人が多すぎてわからないのですいているコンビニ前にいます。」という私のメールが拡散されたようで、

その男性2人がまずそれをよんでくださったようです。



さて、人って45年ぶりに会うと

どんなかんじになる?・・・って

自分でも 興味深々でした。


すると、その, こっちにやってきた 二人は・・・

とちゅうから小走りで近づいて来てくれ、私の前で止まると

         「お~~~~!!」 と大きな声で言いました。


「○○さんやね?」 といいながら 握手 握手  シェイク シェイク!!!!

ホントはハグしそうなくらいの勢いでした。

(そのへん、へんに日本人。抱き合うのはやっぱり照れるんですね。べつにいいと思うんですが・・・。)


そのあと、お互いなぜか「わははは~!!!!」ってけっこう大きな声で笑いました。


そして「すぐわかったわ~!!」

「変わってないなあ~~!!」

お互い、たしかそんな事を興奮ぎみに言いました。



自分の事ですが、第三者的に観察したら

45年ぶりに人と会うと こんなかんじ。

つまり、無性に興奮します。


初体験でした。いままで、最高は去年の40年ぶりでした。

あんまり変わらんやん!と思われそうですが、


小学校の子供時代のときの人とこの歳で会うのと、

高校の時の人と会うのとでは 


年齢は小学校と高校では5歳の差ですが、

全然違いました。



いかに、10歳から15,6歳の間に人間って容姿と心が変化するかが

よくわかりました。


10~12歳の時別れていると、子供時代の顏の記憶しかないですが、

高校が最後だと、一応大人の顏になっていると思うんです。




居酒屋さんへいきましたが、 ほんとに楽しかったです。

45年ぶりでも、べらべらしゃべり、全くあいた年月をかんじませんでした。

まるで今も、同じクラスにいるクラスメイトのようで昨日の事を、一昨日の教室であった出来事を、

しゃべっているようでした。



でも、実際は、この45年間どうしていたか、というような事をざっとひとりずつ

話しました。ら、とても、笑ってばかりはいられない人間模様でした。


仕事で海外に苦労しながらずっといた、とか、離婚を2回してるとか、配偶者のいやがらせに20年たえてきた、とか、

まあ、やっぱり  45年もあればいろいろでした。

中には大事故にあって、本当ならここにいない、という人も・・・。

すぐに搬送され奇跡的に助かったそうです。



そんな風に話をきくと、人の人生ってほんとに想像を超えるいろんな形があるんだな~と

実感しました。


もりあがって大いに笑って  そう、今だから笑って話せたかもしれませんが、


それぞれがいろんな事を乗り越えて来たからこそ 今ここで 乾杯できたんだな~とつくづく思いました。


そして、人生はこれで終わりでなく、これからも、いろんな事をそれぞれがそれぞれの道で

乗り越えていくんだな、と思います。


今、オリンピックにでているアスリートだけでなく、

わたしたちも、あの頃小学校の時は まさか思いもしなかったことが人生を歩む中でおこり、一生けん命

がんばってここまできました。



どの人も、遠くをみつめるような、優しい目をしていました。



そしてお互いの話を聞くときはちょっと潤んでいるような、

今はこの時は幸せだと再会を有難くかみしめているようでした。


それぞれの背中の向こうに歩んできた道がはてしなく見え、

私はどの人にも、敬意を感じました。






Pagetop

何十年ぶりかの不思議な出会い



7月の半ば・・・高校の時の友人から久々に電話がありました。

この人とは 結婚式もお互いでて、そののち 1,2年ほど行き来して。

後は年賀状だけのお付き合いだった人です。

ただ年賀状は30年ずっと続いています。



「この間、小学校の5,6、年の同窓会したんだけど、その時○ちゃん(私)の事が話にでて、

みんな会いたいと言ってたから、今度もう一度同窓会ではなく、

気軽に集まろうか?っていってるねん。来ない?」と。


「わあ~~~!!ほんまに~~?!」  

すごい話が舞い込んできた!!と思いました。



私が通っていた A小学校は、当時そのあたりが新興住宅地で、

人口が増えたため5年の時、

住んでいる区域で別れ、

1年から4年まで一緒だった学年の半分の人は

新しくできたB小学校へ行きました。

電話をくれた人はB小学校でした。でも、みんなのようにAからいったのではなく、全く別の小学校から

転入しました。

よって、私とは接点がなかったのですが、

彼女は中学から私学へ行き、その私学へ私は高校からはいり、その人と同じクラスになりました。


だから、つまり、私が他府県の高校で同じクラスになり知り合った彼女は



彼女が5,6年の時、新設のB小に編入したら・・・そのクラスは

私が4年までいっしょにすごした人たちで構成されていたクラスだったわけです。



その彼女たちが開いた同窓会で

集まった人の名前を聞くと懐かしい名前ばっかり。

45年も前なのに ふしぎと、○○さん、と聞くと、「ああ、○○▲▲ちゃんね。」「あー、○○▲▲君ね」と、

苗字をきいたら下の名前も全員出てきました。


そんな天使の羽が生えているような ありがたい電話をいただいてから、

10日後くらいに・・・・



数人と大阪 難波でまちあわせをしました。


もう ドキドキです。会ってわかるかなあ~~~・・・。


なんせ、45年ぶり。見つけられるかなあ~。


時間になって・・・・改札前ということでその辺にいたのですが、

土曜日のうえ、阪神戦もあり、ごった返していたので、

これはわからないな、と思って

   (同世代のそれらしきどの人をみても、 メンバーでは?とおもってしまい、

    みていると、他の人とどこかへ消えていきます。

     「ちがったわ~。 」 その連続で 緊張がピークでした。)

『私は 改札の正面のコンビニにいます。』  と幹事さんの彼女にメールしました。


   ら・・・・少しして2人の男性が向こうから近づいてきて・・・


                           (次回につづく)

Pagetop


プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て、さて・・・。

最新記事

にほんブログ村

ランキング

カテゴリ

カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム