少しうれしかった・・・

    
     といいますのも。。。



私は年老いた父のことで、よく心を痛めます。

いい意味と悪い意味両方です。

つまり、腹がたつ感情と感謝の気持ちの上に成り立つ、

かわいそうなことした、という感情と。



よく世間で耳にする、「イラッとすることを言ってくる、情けない事をする。

でも、歳とってかわいそうだし。親だから感謝しないといけないし。」

・・・・・・・そう、それ。

この事です。この矛盾した感情の出口のないループです。

「どうしてそんな事言うんやろ。・・・でも今まで、さんざんいろんなことしてもらってるし、

そしてお金もかけてもらって・・・。そう、そもそも親だから。」

そんなことの繰り返し・・。


「親子は分かり合えません。諦めることが結局一番。」

そんなことわかっていて、さんざんあちこちで、耳にし、本でも、読みました。

でも、へんに  情  というものが身体に染み込んでしまっています。


特に私は母がはやく亡くなった分、結婚してからもかなり世話になりました。


お互い年をとり、あんなに仲良かったのに、ここにきて いろんな「ぶつかり」があります。



そんな時、最近 上の子が話を聞いてくれます。

聞いてくれる、というのはただ聞く、のではなく、意見を言ってくれます。

だから本当の意味で聞いてくれます。


この息子は学生の時はあんまり真面目な話はしない、明るいタイプのムードメーカーで、

場を和ませる話ばっかりしてました。だからネガティブな話しをした時はちょっと距離を置かれていました。

それが、

働き出してとっても考えがしっかりしてきて、それを表現するのも、上手になりました。

(おそまきながら。)


主人の親の事と、父の事ダブルで気分が沈んでいましたが、

話しを聞いてもらって楽になった・・・ということではなく


あの子がそんなアドバイスをしてくれるようになった・・・


という意味で、なんだか とっても頼もしく思い、 嬉しくなりました。



朝から父との電話で 嫌な気持ちになることがあったけど、そのお蔭で、


長男のいいところが見え、その意見で、私も反省したり、違う方向から

考えたり、ができました。


で、なんだか 清々しいのです。  



へんかなあ~~。


   ※その上もう一つ、長男に仕事帰りに父の所に寄って いっしょにごはんを食べてあげて・・・と頼みました。

    私が行くより 喜ぶやろうし・・・。嫌な気分はきっと、いえ、絶対父もだし。

    兄ちゃんごめんね・・・お疲れのところ。

    喜ばせてきてあげてくれる?




ふと、思った。

これって、何年か後、何十年か後、立場が入れ替わって、私が子供たちをおこらせる? 

かわいそうと思わせる?

そんなことは無用やで。自分の大切な時間を私になるべく使わないでね。

私のために心を痛めないでね。

そう切実に思う。

と、いう事は 今 父も、こんな風に思っているのかも。



でも、80こえたら70こえたら、高齢になるほど

そんな大人らしい落ち着いた感情はなくなるのかな。

身心ともに赤ちゃんにもどっていくのだから・・・。


これも、人間に与えられた 修行なんだろうかな~。

   












Pagetop

こんな花❤でしたよ。


     ほていあおい の花が咲いたので、見てください。

at0722.jpg
  クリックしていただきますと、大きくなります。


本当は、陶器の水鉢にでも入れたら一層美しいのだろうけど・・・

我が家にたくさんある、虫ケースを使いました。



花びらの1枚だけに模様が入っていて 不思議な花です。

綺麗なあわーい むらさきですね。


[こんな花❤でしたよ。]の続きを読む

Pagetop

なんかうれしいこの掲示

at0721.jpg

せっかくですので、 いただいて帰りました。

ビニール袋までよこに置いてくださっていました。


何気ないこういう親切が、日々の日常の生活の中で

エッセンスになってくれて 楽しい日になります。


このおうちの方のお蔭で

その晩、「今日いいことあったな~~~」  ・・・・・って


そう思える。

Pagetop

このペン・・・そして将来の夢

これ、懐かしくないですか?

この頃見ませんが、もう生産されてないのでしょうか?

この赤バージョンで、学校の先生がテストの丸つけをしていました。


at0714.jpg


といっても、私の小学校の頃ではなくって、

私の子供たちの小学校のころの先生方が持っていました。

もちろん、家庭でも使っていました。

当時では一番書きやすい画期的なペンだったからです。



私が小学校の頃は、ペンのうしろ半分が透明で、中のインクが見える赤ペンを持って、丸つけをされていました。

そして、赤インクというよりは、ピンク色のインクでした。

あのペンにあこがれて、「先生になったらあれを持てる!」と思い、

小学生の時は学校の先生になりたい、と思っていました。


この写真のペン、子供の学習机の奥の奥の方からでてきました。



まだ 書けます。よく使ったな~~、このペン。

何十年ぶりかに 外の空気吸ったね。


Pagetop


プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て、さて・・・。

最新記事

にほんブログ村

ランキング

カテゴリ

カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム