プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て思う事などを・・・。

最新記事
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

泣けてくるほど懐かしい曲



何年も、いえ、何十年もまえから、私は電車に乗る時は必ず 

iPodで音楽を聴いています。(昔はMDで。)

その上、本も読むときもあります。

その場合、音楽はBGMです。

でも、時々 かかった曲に反応し、はっとして、 本を閉じ、

音楽を真剣に聞き入ってしまいます。



今日の仕事帰りの電車の中が、そうでした。

100曲以上入っているので、シャッフルしていると何がかかるかわかりません。

ウルフルズ、宇多田ひかる、八神純子、ロッカトレンチ、東京スカパラ、

コブクロ、エレファントカシマシ、TOTO,ボズ、マドンナなどなど、色々入れました。

1年ほど前にipodを買いかえて曲をいれたのですが、

この1年1回もかからなかった曲が今日かかりました。


そうしてら、なぜか、 涙が出てきました。

読んでいた本を閉じました。

電車が空いていてガラガラでよかった・・・。


思い出があるわけじゃないんです。

彼氏と別れたときの曲、とかじゃあないんです。

ただただ  なつかしい、というか、この曲が入っているアルバムを聴きまくっていた

あの頃の自分が・・・

愛おしくおもいました。

たしかまだ20代でした。



単純に「あのころはよかったよな~。」というかんじで、涙がでてきた。

あの頃は母もいた。

自分のことだけ考えていた。

その時その時を一生懸命突っ走っていた。

毎日勉強しなくてはならなくっても、楽しかった。

声を出して大笑いをよくした。

だから、右手と左手が合わせることが滅多となかった。

つまり、神頼みなんていらなかった。

とっても健全だった。



時は流れ今、結婚もして、子供たちもいて、みんな病気も、けがもせず成人して・・・

それだけで今も十分幸せです。わかってます。

今が不幸せだとは思わないけど、

とにかく、そう、この曲を聴いていた頃、流行っていた頃、

「若い」という 特権を持っていた。



それが、うらやましい。

あの頃の私め~~~。元気で楽しみすぎるやろ!

親の元で 精神的にも不安とは無縁でした。


      もう一度・竹内まりや
         
         ↑ クリックして聴いてみてくださいね。


あのころより、今の夫婦という形態で生きている

自分を見つめなおす歌詞でもあります。

20代の頃より、今の方がこの曲の歌詞はじーんときました。


ホント よくきいたよな~~~・・・『竹内まりや』 


「本気でオンリーユー」とか、「駅」とか、「リンダ」とか、「セプテンバ」ーとかー。


同世代の人はみんなよく 聴いたんじゃないかな~。

あのころは竹内まりやと達郎の全盛期やったもんなあ・・・・。


まりやさんの曲で、なにか思い出、ある? 



おいしめずらし 「トマトワイン蒸し」

先日お出かけ先で

かわったデザート?(お惣菜?)をみつけました。

お店のオリジナル商品です。

at0707.jpg


中にまるまるトマトが1個。

スプーンで持ち上げるとごそっと1個もちあがってきてびっくりしました。

周りのゼリーはレモン味です。


at0708.jpg


わたし好みのお味でした~!!

あっさり、且つ、栄養もあっていいですね。

これから暑くなったらもっと欲しくなりそうです。


 
       いろんな 古民家Cafeや、
       モダンCafeなどをまわりながら、
       日ごろの生活の景色を綴った
       もう一つのメモメモブログです。

       よかったら、クリックしてお立ち寄りください。
               

          空想Cafe『日ごろ景色』

♪だってあなた、いい女~



    同じ世代の人達のブログを回って行かせていただいてますと、

けっこうがしんどいという思いをしている人が多いと思います。


私たちS30年~40年あたりにうまれた人達は

「親と先生が絶対」  というふうに躾けられてきた世代です。

当時は先生が男子を殴るのはアリでした。

子に暴力をふるう親も多かったようです。

先生や親は、子供にあまり謝りませんでした。



例外の勇気ある 同朋もいらっしゃいますが、

ほとんど、私のまわりをみても、なるべく親の言うとおりにしてきた、親にとっての「いい子」あがりの大人です。

総体的におとなしいです。


親たちは頑張ったらよくほめてくれました。

でも頑張って結果をだせなかったとき、それでも頑張った分をほめてくれる術(すべ)を 

あのころのほとんどの

親たちは知らないようでした。情報がないし、幼児の頃とはいえ

戦争体験者ですからね。基本、きびしいのです。

軍隊を見てきたあの方たちの時代背景のせいですね・・・。


そういう時代のがんばった人たちに育てられた昭和中期の世代・・・だから。

表現や反発していないから、我慢が多いから、

受け身にばかりになり、吐き出すことは悪いことと思い、デリケートになってしまい、

傷つきやすい敏感な人が多いと思います。



でも、友人たちを見ていてちょっと気になることがあります。

現代は情報が多いので、実は自分とは関係なくっても、

むりに関係付けてしまっているところもあるように思うのです。


友人にこういう人がいました。

その子はいつも、「今ちょっと問題かかえててなあ~。」としょっちゅう言ってました。

「そうなの・・・」と悩みを聞きますが、その内容は

そんなに「問題抱えている。」というほどの事には私には悪いけど思えなかったんです。

そんなの、みんな一緒だよ、と思うのです。

みんなが苦笑いして話すようなことでした。

だいたいの人はスルーしていることなのです。



もちろん、どんなことも、ひとそれぞれ。

同じ出来事でも、大きく感じる人と小さく感じる人と、全く感じない人と・・・

いろいろで、どれも悪くないです。

だから、決して「そんなことで悩まなくても」とは言いませんでしたが。


でも、そんな感じなので、 その友人は自分の身体の事もいつもよく本を読み、情報を入れ、

敏感になっているようでした。



先ほど言いました、ちょっと気になるというのは・・・・・


知らんかったら、知らないで、

「なんかだるいな~。でもそんな年令かな。」と、

こんなものだ、と平気に過ごしていたんではないでしょうか?

自律神経が不調の人は自分から、その世界に入って行ってるところあるような気がします。

なんか、そういう人が多い気がします。

  




でも、ただ、


みんな頑張り屋さん。


私の周りの人、みんなけっこう ほんとはがんばってきている 「いい女」です。




みんな大なり小なり孤独感や不安感は もっていると思いますが、



昭和中期うまれの人、

がんばってきたよね。

カッコいいよね、私たち世代!  そう思います。



戦後を復興させてくれた立派な、でも、時代錯誤な親たちの元、

反発と感謝を感じながら、もがいている話もよく聞きます。


弱った親をみて心がキュンとしたり、いらだったりしつつ、

今までの事を感謝したり、

やっぱり親をすごく気にしてみんな面倒みている。

一応わたしも、です。(重症な介護までいきませんので、大きな声ではいえませんが。)



     みんな   「いい女!」

更年期になって調子がとても悪くなって わたしに意地の悪いことを突発的に言ってきた人もいるのですが、

よくよく考えたら もともとは 優しい人です。


   みんな がんばってきたな~。


これ、ここに来てくださった人にプレゼント~!!  



                クレイジーケンバンド・いい女  ←クリックしてね。

ちょっと映像はハデですが、 歌詞をじっくり聞いてみてくださいね。

なんなら 製作者には悪いけど目を閉じて・・・。

とっても励ましてくれると思います。



先月、中学の時のミニミニ同窓会をして 表向きは元気なのに、
何時間も話しているうち、よくよく聞けば 身体もだけど、まず心がしんどいことを
みんないっていました。でも、みんな「いい女やな~。」と思って。
そんなこともあって、今回こんな記事を書き、
♪「いい女」を 聴いてもらおう~って、思いました。

  またね~。  

           お互い元気でがんばろーね。