プロフィール

チャコ

Author:チャコ
ドライブと、音楽を聴くことが大好きです。キッチンに長時間こもってお料理をしたり図書館に1日中入り浸ったりも・・・。半世紀を生きて来て思う事などを・・・。

最新記事
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ひょうしぬけ~


アンパン  はよく見ますが、「しろあん」 は時々しか見かけません。

でも、私、回転焼きでも、「しろあん」を選ぶ方なので、

しろあんぱん をみますと、即買います。


今回も買って、楽しみにしてまず、半分に手でわってみますとぉ~~~・・・・

at0589.jpg

なんと、ほとんど空洞!! テンションさがるう~。

at0588.jpg

しやーない、 かるーく ぺっちゃんこにして、お焼き風にして

ちょっとでも、楽しみました。

こうして売っていた、ということにしてしまい、

自分を 無理に 「納得」させました。


   こうしたら、「おいしいな。」と思って食べることができました。 



途中で消してしまう。


長野県のバスの事故から1週間・・・。

ますます 悲しみはふかまるばかり・・・。

全員大学生という事故はあまりにも、聞いていてつらい・・・。

かわいそうに。

楽しみにしていったのに…。

かわいそうに。

就職も決まって ゆったりした気持ちで行ったでしょうに。



このニュース、その後、1人1人のエピソードなどが紹介されますが

いつも、聞いてられなくって、 テレビを消してしまいます。

泣いてしまいます。

若い人が亡くなるのは辛い。


   せめてこの教訓を生かして、対策を徹底してほしいと願います。

寒い日なのに、汗かいた。


去年の秋、久々の同窓会に出席しました。

懐かしかったし、何十年も経ってみんな元気にまた会えたのでうれしかったです。

たくさん感激して、ほんとにいい日をすごしました。


その時、誰かが言いだして、ライン I D をみんなで交換したので

時々 短い文通的なことをして、

高校以来途絶えていた友人と また、ここ2か月ほど、さしさわりなく,深入りせず

うまい具合にあいさつ程度のラインだけで軽くつながっていました。



ところが先日、突然 出席していたうちのある人が、

「今度、どこどこで、なになにの 講習会があるから

いっしょにいきませんか?」と

美容とお化粧品、健康に関してのイベントに誘ってくれました。


ちょうど私も、その人とお茶でもして 「またゆっくりお話ししたいな~」と思っていたので、

美容やお化粧品、というのが気になりましたが、

お声をかけてくれて、うれしかったのです。


ただ、言ってきた日が都合わるくって、お断りするのに、

メールでは悪いかなと思い電話をしました。



そうしたら、他の日でもやってると。

そして「ご両親はお元気?」とか「なにか仕事しているの?」とか、雑談をしているうち、

その人が化粧品の販売をやっていて

そのメーカーの講習会だということがわかりました。

自分たちでやっているので、そりゃ、他の日でもOKですよね。

分かったあたりから、私ちょっと怖くなりました。

勧誘やん!って。


結局、商品、活動説明が長々始まりました。

はっきりお断りしても、「それなら、こっちは?」「それならこういうのは?」と続くのです。

変な汗が出て、構えました~~~。



・・・・・・・・。



ちょっと、ショックでした。

「うらぎられた感」がありました。

私は純粋に また会いたいな、と思っていたのになあ。


自分の商売のために、私と、みんなと、ラインしておしゃべりしてたのか~と

思っちゃいました。それが100%ではないでしょうけど。



同窓会って勧誘とか販売とかをしている人にとって、新規のお客さんをゲットするのに、

一度にいっぱい集まっているので好都合で、

そういうことがよくあるってきいたことあります。

 

・・・・・ でも、 「そんなことあるかなあ~?」って思ってたけど、


     うわ!「 ほんまや~~~!!  ←さんま さん風で。




こういう勧誘などもその人の生き方、趣味、生活の仕方の一つの方法で、

なさっていることが悪いと批判するつもりはありません。人の自由です。

でも、私はそういうの、とって~も苦手でーす。 ニゲロ~




お見舞いの部屋にて・・・

今日、骨折で入院中の父の様子を見に行ってきました。

洗濯もしにいかないと・・・。たまってるかも。  と思って。


相部屋なのですが、ベッドは1台づつカーテンでかこまれて、なんとも、密閉感がすごいです。



今日は、おとなりの方がリハビリの日で、私が病室にいる間ずっと

トレーナーさんがきて指導していましたが、


ぜんぜんやる気なくて、顏はみえないけど、会話はまる聞こえでした。


「○○さん、はい、こうやって!」

はじめはやっていたみたいですが、5,6、分経ったあたりから

「もういやや。」

「そんなこと言ってたら 家に帰られへんよ~。」

「はい!!こっちにやってみて。」

軽い ストレッチをしているようです。

「もうええわ。」

「なんで、もう少しがんばってよ~。」

「もーええわ~。いやや~。」


こんなの の くりかえし。

私、カーテンのこちらで、くすくす聞こえないように笑っていました。

おじいさんになったら子供にかえっちゃうね~。



そして次はひとりで食べるトレーニングもしていたようで

「ほら、○○さん、これ。がんばって!

これたべてごらん。おいしいよ~。」

「いらん~~~。」

「なんでえ?おいしいのに。
食べる練習しな、かえったら、一人でたべられないで。」


そして少しずつ食べてらっしゃったようで、

「そうそう。」とか、「がんばれ。」と 励ましの声が聞こえていました。


しばらくして

「じゃあ、○○さん、お茶。」・・・・・・・で、なんとか終了。


トレーナーさん、ご苦労なことです。

患者さんも、嫌なことをしないといけないというイライラはわかります。

ただでさえ動けないし痛い思いをして、もどかしく、その上にリハビリとはいえ、

いろいろ指示されるのはいやでしょうね。


「しんどいからほっといてくれ!」ってとこでしょう。

でも、それだといつまでたっても 退院できないで~。。。おじいちゃん!


きわめつけは・・・・・

終わりに
トレーナーさんが、

「○○さん、おいしかった?」   とききますと、


おじいちゃん、


「いいや。」  と ぼそっと ひとこと。


私、カーテンはさんで こっちで こけましたわ!  ドテッ

タイルクラフト


      at0579.jpg


この歳になるまで、

なんだかんだいいながら、

いろんな習い事をやってきました。


そもそもとっても好奇心の強い子供でした。

これなんだろう・・・と思えば箱を開けたり、

ここの中はどうなってんの、と思えば扉をあけてしまいます。


ラジオの中も みたくって分解したことがあります。

それで、もどせなくて、1個台無しにしました。  小学校5年の頃です。

父がドライバーをくれたので、つい・・・。


まあ、そんなかんじで、おとなになってからも、その名残か、

ポスターを見たり、人から何か情報をきいたりすると、なんでも、参加したくなります。

子供のころは、絵画、習字、ピアノをやっていましたが、

大人になってからも、近くの交流センターに行っていろんな案内や情報誌をみて

時間とお金の許す範囲で  絵手紙、トールペイント、パワーヨガ、気功、コーラス、俳句、文章教室・・

などを体験してきました。


でも、だいたいわかると、納得してしまいやめてしまっています・・・。


ただピアノは10年くらい、ヨガは20年してきましたが。



でも!  あきそうにない、夢中になれるものと出会いました!!!

去年、「こはださん」のブログ『新潟暮らし 手作り時々と山と温泉』に出会い、

そのなかで作られた作品、タイルクラフトを知って、

ピーンときて  私も「やってみた~い!!」となりました。


そして、今やりはじめて、4か月ほど。

今までの習い事とちょっと違います。

なんだか、はまりました。

何もかも忘れるほど、夢中になれます。

今年はタイルクラフトが生活の中で、中心あたりにいすわりそうです。

冒頭の写真は小さなお盆です。コーヒーをいれて運んでいます。

 
淡い色をつくったので、そのあと、こんなカラフルなものをつくってみました。
どっちも、好きな色合いです。

 at0578.jpg

こんな幕開けって・・・。

 

新年が開けました。

お正月は初詣に出かけたり、実家に帰ったり、家族で食べに行ったり、

旅行したり。

いろんな過ごし方があると思いますが、

私はといえば・・・一日は・・・



ある 総合病院におりました・・・。


半世紀生きて来て、そう、お正月を50回以上体験してきて

初めてです、元旦に病院にいたのは・・・。

一日から病院に行ったことで、今までのお正月が幸せなことだったんだ、と気づきました。

家で家族と過ごしたり、外食にいったり、当たり前のように今まで

お正月を過ごしてきましたが、

それはありがたいことでした。

  
                     

31日の夜中、弟から、「お父さんが夕方、外で転倒した」

と、メールがありました。


31日の夕方、住んでいる高齢者専用マンションの1回におりて、年内最後のごみを捨てにいったというのです。


「意識ははっきりしていて、ただ足が痛いとのこと」と弟は車でかけつけて、様子を見に行き

そう言ってきましたので

ひとまず、少し安心したのだけど、次の朝、つまり元旦に、あまり痛がるので、

その高齢者向けマンションの管理人兼介護士さんが 救急車で父を

総合病院に運んでくれたのです。


そういうことでわたしも追って電車で駆けつけ、

元旦早々病院に行ったというわけなのです。



検査の結果、骨折で、即入院です。

しっかりしゃべり、顔色もいいのですけれど。



他府県の病院に行ったのですが

家を出て駅へ向かいます時の  元旦の朝は、

状況がどんなであろうとやっぱり清々しく、凛としていました。

あたりはしーんとしていて、身が引き締まりました。

そうはいっても、心配で、心は沈み、奥の方がキュンとなったままでした。



電車は2回のりかえましたが、割と空いていて、ゆったり座っていくことができました。

意識して ぼ~っとするようにして、リラックスし、電車の中を楽しみました。


家族連れやカップル、ご夫婦を見ていたら、みんな幸せそうに、楽しそうにみえました。

初詣にいくんだろうな~って。


わたしなんか、病院。



かけつけたら、その総合病院の中は結構患者さんがいてびっくりしました。

平日のすいているときくらいの人の数で、

赤ちゃんを抱いてきた若いご夫婦とか、よたよた歩いているおじいちゃんとか、

うずくまっている女性とか、急患がいらっしゃってみんな大変そうでした。

先生や看護士さんは、もっと大変そうでした。

休みなので手が足りず

父が検査のためストレッチャーに乗って

移動するときも、先生が押していました。看護士さんがそばにいなくって。



まあ、長く生きてたら こんな正月も あるわな~・・と

新年早々、父と過ごしたいろんな場面をおもいだしたして胸がくるしくなったり、

ふと懐かしくなってほんわかしたり、

そうかと思えば悲しくなったりして、

病院で何時間もつきそい、へとへとになって

かえりました。「お正月やんなあ~、今日・・・。」と思いながら。



数日後、手術らしく、必要な物品をそろえて また行きます。


せめて 電車に長く乗るので、移動時間を楽しみに 看病に通うことにします。

それと、乗換の駅構内に、カフェがあるので、そこでの休憩を楽しみにします。


こんな幕開け・・・。


なんとなく、暗いきもちでいましたが、年賀状をはじめ、

メールやラインで次々「おめでとう!」と新年の元気なご挨拶が届きます。

世間はいつもどおりのお正月で滞りなく進んでいるんだな~と思いました。

その、普通どおり、に、救われました。


あ、そうそう、病院でつきそっている時、

おもちをつまらせた人が運ばれてきていました。


やっぱり本当にいらっしゃるんですね、

毎年必ずニュースになります、「おもちつまらせ」。



こんどの手術のつきそい、気がおもいな~・・・。

でも、ことしも、目の前の事を1つ1つクリアして、

りきまず、なるべくふんわりと  で、がんばろうっと!!


本年も、ブログでの出会いを楽しみに、大事にしたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。




新年です!


  あけましておめでとうございます。

  今年も一生懸命 1日1日大切に 過ごしていきたいと思います。

  本年もどうぞよろしくお願いいたします。